JR南武線「平間駅」徒歩3分

神奈川県川崎市中原区田尻町81

044-511-8733

WEB予約

のど

のどの病気について

のど

のどは食道と気管が分かれる器官で、食べ物を食道や胃に送り込む役割と、肺に空気を届け、また言葉を発する役割があります。このため呼吸に関する症状と飲食に関する症状の2つをみることになります。

主なのどの病気の症状

  • のどが痛む
  • 咳や痰がでる
  • のどの異物感
  • のどのつまり感や違和感
  • 飲み込みが悪い
  • 声がかすれる
  • 呼吸がぜいぜいする
  • 口が乾く
  • 口臭がある

主な口とのどの病気

扁桃腺炎

口蓋垂の左右にある口蓋扁桃に、ウイルスや細菌により、急性の炎症が起こるのが扁桃腺炎です。

風邪のような症状(高熱、寒気、頭痛、倦怠感、関節痛)のほか、ひどい咽頭痛があります。

検査では、症状と扁桃の状態を観察し、血液検査では白血球の増加や炎症の程度をみるCRPなどをチェックします。適切な抗生剤を投与するために、扁桃の細菌培養検査を行うこともあります。

治療は、ウイルス性の扁桃腺炎の場合は、風邪と同様に、解熱剤を服用し安静にすることにより1週間程度で治ります。一方、細菌性の扁桃腺炎の場合は、抗生剤の投与による治療となり症状を和らげるために、解熱薬、消炎鎮痛薬、うがい薬などを処方します。

のど、声の異常

のどの使い過ぎで一時的にのどや声の異常がある場合は心配ありませんが、こうした状態が長期的に続く場合や、進行する場合などは、その原因を特定する必要があります。

扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よく見られるのどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーなどが関連している場合もあります。脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生じていることもあります。場合によっては喉頭がん・咽頭がんなどの重い病気のシグナルであることがあります。

口腔乾燥症(口の乾き)

唾液の分泌が低下して口が異常に乾いた状態をドライマウスと言います。

軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリ感、虫歯の発生、歯垢の増加、強い口臭などの症状があります。重度では、唾液分泌量の低下、口腔内の乾き、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話がしづらいなどの症状がでます。

検査は、問診、唾液量などを行ったあと、必要に応じて血液検査を行います。

治療は、生活指導や対症療法が中心となります。保湿性薬剤、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、などを症状に応じて処方、投与します。積極的に水分を補給するように心がけるのも有効です。

ふじた耳鼻咽喉科
住所
神奈川県川崎市中原区田尻町81
アクセス
JR南武線「平間駅」徒歩3分
駅から 「さわやか信金」右脇を線路沿いにまっすぐ100m
府中街道から 「クリエイトSD川崎田尻町店」横の踏切を渡って右側20m
東急バス 「田尻町」バス停 から徒歩2分
市バス 「平間銀座」バス停 から徒歩5分
駐車場
お車でお越しの方は、クリエイトS・D川崎田尻町店の調剤薬局又はドラッグストアをご利用の場合は同駐車場(40台)をご利用いただけます。

044-511-8733

WEB予約
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

土曜午前の診療は9:00〜13:00
休診日:水曜・日曜・祝日