JR南武線「平間駅」徒歩3分

神奈川県川崎市中原区田尻町81

044-511-8733

WEB予約

めまい

めまい・平衡障害について

めまい・平衡障害

めまいが起こる仕組みは、人間が自分の周囲の空間や位置を目・内耳(三半規管、前庭)・手足の皮膚や筋肉などで感知し、その情報を脳に伝達・統合し、微妙な体のバランスをコントロールしていますが、仕組みのどこかに不具合があると、平衡バランスが崩れ、めまいとして感じられます。

めまいを起こす疾患

良性発作性頭位めまい症

「めまい」で受診される患者様で最も多くみられる疾患で、寝返りをした時、頭や顔を洗うために下を向いた時、ベッドから起き上がった時など、特定の頭の位置の変化により出現するめまいです。

症状は、ぐるぐる目が回る感覚が強く、恐怖感・不安感、吐き気を伴ったりしますが、一般に聴覚障害はありません。内耳にあり頭や体の傾き具合を感知する耳石器から、耳石が剥がれ、三半規管の中に入り込むことによって発症すると考えられています。

検査では、他の疾患を否定するために聴力検査を行います。また、眼球の異常な運動の有無を調べる眼振検査を行って診断します。
めまいや吐き気に対し、症状をやわらげる薬を内服することで改善することが多いですが、病巣によっては、Epley法などの理学療法を行うことで、耳石を半規管から排出させ、早期に症状が改善する場合もあります。
多くの場合は後遺症がなく完全に回復しますが、数か月毎に症状が繰り返されるケースも少なくないので注意が必要です。

メニエール病

内耳にリンパ液が溜まる内リンパ水腫で起きるとされ、ホルモンの影響によるものではないかとも言われていますが、詳しい原因がまだ解明されておりません。ストレス、疲労、寝不足などにより、抗利尿ホルモンの分泌が不安定になり、内耳の排水機構に不具合が生じておこるのではないかと考えられています。

症状は、回転性のめまいに突然見舞われ、同時に片側の耳鳴り、耳閉感、難聴なども起きます。一度発作が起きると30分~数時間ほど続き、何回も繰り返します。

検査は、聴力検査、眼振検査、平衡機能検査などを行い診断します。

治療については、初期では、突発性難聴に準じた治療を行います。めまいや難聴の程度がひどい場合は、入院治療が必要となります。
なお、現在のところメニエール病の詳しい原因は不明であり、この病気の根治的な治療薬というものはありませんが、内リンパ水腫に対し、水はけを促す目的で浸透圧利尿薬や漢方薬を用います。また最近の研究では、水をたくさん摂取する飲水療法により、利尿剤内服と同等の効果が得られるケースもあるという報告もあります。また、めまいや吐き気に対しては、対症療法薬を投与します。

前庭神経炎

ウイルスにより、平衡感覚を司る神経である前庭神経の炎症が原因とも言われていますが、詳しい原因は解明されていません。また、この疾患は内耳の病気であるにもかかわらず、聴力に影響せず、耳鳴り、耳閉塞感もないのが特徴です。

症状は、前庭神経炎は、突発的に激しい回転性のめまいが起こるのが特徴で、それが1週間くらい続きます。その他、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。発症する数日~2週間前に、風邪などの上気道の感染症にかかっていることが多いです。

なお前庭神経炎が疑われる場合は、平衡機能検査を行い、眼振の有無を調べることで診断をします。

治療は、何もせずとも2~3週間で自然に治るケースが多いのですが、めまい止め、吐き気止め、ステロイド薬などの症状を緩和させる薬を使用することもあります。
ふらつきやいわゆる平衡障害は数か月続く場合もありますが、それも徐々に改善に向かいます。

突発性難聴

何の前ぶれもなく、ある日突然、突発的に片方の耳が聞こえなくなる疾患です。

難聴の症状以外にも、めまい、耳鳴り、耳閉塞感が同時に起こることもあります。音を感じる細胞の働きが急激に低下し、感音難聴を示しますが、その原因は不明です。一説では、ウイルス感染、内耳の血流障害、免疫異常などの関与が指摘されていますが、ストレスや疲労、睡眠不足が引き金となる例が多いです。

診断は、純音聴力検査、鼓膜鏡検査、平衡機能検査等で行います。鼓膜には異常がなく、純音聴力検査で感音難聴を認めます。また、平衡機能に異常をきたし、めまいやふらつきなどの症状が出る場合が、3割程度あるといわれております。

突発性難聴は非常に治りにくい病気の一つで、適切な治療を受けた場合でも完全に治癒するのは、全体の⅓程度と言われております。しかし治療開始時期が早いほど聴力が回復する可能性が高くなるので、できれば発症後1週間以内など、早期に治療を開始しないといけません。
蝸牛神経(聞こえを司っている神経)の炎症を抑える目的で副腎皮質ステロイドホルモン剤(以下ステロイド)や蝸牛神経の栄養源であるビタミンB12、また血流の悪い内耳の血液循環を改善するために循環障害改善薬を投与します。(ただし、糖尿病、高血圧、緑内障、胃十二指腸潰瘍、結核、ウイルス性肝炎等の既往がある方など、ステロイドの使用に注意が必要な場合もあります。)

また、中等症から重症の場合は、入院治療が必要となります。
その場合は、ステロイド等の点滴静注や内耳の血流改善を目的として星状神経節ブロック(首にある神経節に薬剤を注射する治療)や蝸牛神経に多くの酸素を供給し神経を活性化させる目的で高気圧酸素療法を行うこともあります。

なお、この疾患は今なお原因不明で有効な治療法がまだ確立しておりません。
現時点では、発症時の状況や臨床所見、既往歴などを総合的に判断し、治療法を決定しています。

聴神経腫瘍

音の聞こえや平衡感覚をつかさどっている第8脳神経にできる腫瘍のことを聴神経腫瘍といいます。聴神経腫瘍のほとんどは良性で、すぐに生命の危機が及ぶということはありません。

症状は、片側の耳鳴り、難聴、めまい、ふらつきです。症状はゆっくり進行しますが、まれに突発性難聴のように急に聞こえが悪くなるケースもあります。病状が進行すると、となりにある第7脳神経(顔面神経)を圧迫して、顔が曲がってきたり(顔面神経麻痺)、さらに大きくなると脳幹や小脳を圧迫して重篤な症状をきたす場合があります。

診断は、聴力検査や平衡機能検査、頭部MRI等を行います。

治療は、手術で腫瘍を取り除く方法と放射線治療で腫瘍を小さくする方法があります。
放射線治療は、ガンマナイフを用いて腫瘍の増大を抑制するわけですが、腫瘍を消失することはできません。ただし、半数以上のケースでは、腫瘍の進行はきわめてゆっくりなため、ご高齢の場合などは、手術をせず経過観察にとどめる場合もあります。
聴神経腫瘍が疑われる場合は、連携医療機関をご紹介いたします。

ふじた耳鼻咽喉科
住所
神奈川県川崎市中原区田尻町81
アクセス
JR南武線「平間駅」徒歩3分
駅から 「さわやか信金」右脇を線路沿いにまっすぐ100m
府中街道から 「クリエイトSD川崎田尻町店」横の踏切を渡って右側20m
東急バス 「田尻町」バス停 から徒歩2分
市バス 「平間銀座」バス停 から徒歩5分
駐車場
お車でお越しの方は、クリエイトS・D川崎田尻町店の調剤薬局又はドラッグストアをご利用の場合は同駐車場(40台)をご利用いただけます。

044-511-8733

WEB予約
診療時間 日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

土曜午前の診療は9:00〜13:00
休診日:水曜・日曜・祝日